コラム

美容室経営者がスタッフに与えられる最重要な3ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

4月3日で起業して3年が経過しました

 

起業3年以内の倒産率は50〜70%以上とも言われる時代でなんとか生きてます 笑。

 

3年間くらいは続かないと正直話にもなりませんが、今回は少しスタッフ雇用のお話を。

 

起業当初は美容師を2名雇用していましたが、3年経過した現在は美容師を新たに2名雇用し、4名体制で営業しています。

 

スタッフの皆さんには、余計なストレスを軽減(極力無くす)してお客様との時間に集中してもらい、持ってる技術や自身の能力を最大限に発揮してもらえる労働環境を目指しています

 

個人的に3年間経営者をやって感じたことは

 

経営者がスタッフに与えられるものは

 

お金・時間・情報(知識)

 

本質的にこの3つしか無いと思うんですよね〜

 

まぁ雇用している側なので当たり前ですが

雇用主としてスタッフ満足度を高める事の究極は・給料を増やす・休みを増やす・有益な情報提供と使い方

 

しかないですよね。

 

美容室経営者の方で売上や利益を追求してる方はいますが(当たり前)

・給料を増やす・休みを増やす・有益な情報提供と使い方 を追求してる方ってまだまだ少ないですね〜

 

僕の場合は

・給料を増やす・休みを増やす・有益な情報提供と使い方

を追求するために売上や利益があると考えています

 

スタッフが・給料はこのくらいでいい・休みはこのくらいでいい

そのボーダーに到達していれば、売上や利益を追い続ける必要すらないです

 

自分で仕事の量、報酬の量を決めればいいんです

たくさん欲しければ、それなりに売上や利益は必要なので、追えばいいんです

 

向き、不向き、やりたい、やりたくない あって当然です

スポンサーリンク

 

経営者のやり方にハメる経営スタイルは限界に近いかなと・・・(特に小規模の美容室では)

スタッフに合わせて働き方や賃金も多様性を持たせた方が経営者も雇用者側もストレスが減りますよ

 

でわでわ

 

【人も利益も残すホワイト経営術】を実現するチェックシートを無料配布中!!

私のLINE@では、個人事業主から法人化への検討されてる方、利益を確保したい方、スタッフの離職率を下げたい方、助成金について詳しく知りたい方、求人が集まらなくてお悩みの方を対象に無料相談を受け付けております。

また、LINE@登録で【人も利益も残るホワイト経営】チェックシートを無料配付いたしております。

ライン@登録はこちら

友だち追加

 

 

☆下記の【小規模ヘアサロン研究所】にて執筆もさせていただいております☆ 

よろしければご覧ください!

 

(Visited 198 times, 1 visits today)

スポンサーリンク