日々徒然

サロンの忘年会費はスタッフの自腹?それとも会社もち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

忘年会シーズン真っ只中ではないでしょうか??

僕は経営者なので忘年会=スタッフの為にお金を使う日

と、いう感覚があります(そんなに散財しないけど・・・)

 

ウチのお店では今の所、会社の食事会は全て会社負担で賄えています。

 

そんなの当たり前じゃん!という声もあれば、え〜いいなぁ〜と言う声もあります。

ちなみに雇われてた時は、自腹だったので余計に忘年会=スタッフの為にお金を使う日 という感覚なのかもしれません。

 

正直、忘年会なんてやる必要性なんてそもそもないと思ってますので・・・(忘年会が無くてやだ〜って思うスタッフっていないと思う)

12月は忙しいので忘年会やるより休息した方が懸命ですし、来年からは無くてもいいのでは?とマジで思ってます

 

ウチの忘年会は完全に労いなので、予約を18時までに終われるように制限して19時スタートして21時過ぎには終了!

そんな流れです。

2次会もないのであっさり終了です

 

さらっと、ちょっといいお店で飯を奢ってもらう

 

忘年会だからって騒がない、遅くならない、拘束しない、普段と変わらない、支払いは会社持ち。

これがウチの基本です 笑

 

当然ながら会社持ちで支払えるのは、スタッフが日々利益を稼いでくれるからです

その利益をしっかり運用してどこに投資するかを決断するのが経営者である自分の役目です。

もちろん忘年会費も同様に利益の使い道の中に入っています

 

いきなり捻出しようとすると忘年会費は無駄金に感じますが、3ヶ月くらい前から計画的に利益の使い道に定めて運用していけば【スタッフ満足の為の投資資金】に変わります

スポンサーリンク

まぁ色々御託は並べましたが

シンプルに忘年会費をさらっと支払う会社や経営者の方がかっこいいですよね?

 

 

☆美容室経営者様の『法人化・労務整備・離職防止』についての御相談をお受けしています

私のLINE@では、さらに詳しく法人化や労務、美容室が適用できる助成金についての相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

友だち追加

※美容室経営者の方で法人設立をお考えの方は下記のチェックシートで簡単チェック!!

http://kazumihara.com/wp-content/uploads/2017/11/企業化適正シートpdf.pdf

☆下記の【小規模ヘアサロン研究所】にて執筆もさせていただいております☆ 

よろしければご覧ください!

 

(Visited 127 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加