ブログ

美容師の仕事の価格設定の根拠は??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あなたのカット料金はなぜその価格なんですか??

何を基準にその価格設定なんですか??

 

昨日の記事でも書いた様に

 

美容室の値段設定って・・・

近隣の美容室を意識した値段だったり、原価を引いて残る利益を意識した値段だったりします。

 

もちろん正解はないので、それが正しいとか間違っているとかではないのですが・・・

3ヶ月の一度(四半期)だったり、半期。

遅くとも半期の区切りで値段設定は、見直していかないといけない時流だと感じています

 

宅配料やガソリンも値上がっていく世の中だからこそ、美容室も値段を見直すいいタイミングではないかと・・・

 

ただし、価格設定に正解はありません

 

しかし技術系(職人系)の仕事は経験年数を重ねる事に質とスピードが向上します(提供価値の向上)

質とスピードの向上と共に価格も少しづつ上がっていくのが世の常です

スポンサーリンク

 

美容師も1年に100円でもいいのでカット料金を上げていくべきだと個人的には思ってます

これなら10年経過しても実質は1000円しか上がっていません

 

美容師になる学生が減少している今だからこそ、自分達の価値と値段設定を高めていく

 

美容師が位の高い技術職に化ける日は意外と近いのかもしれません

(その代わり価値を高めれない人は生き残って行けない)

 

がんばろ

 

 

☆美容室経営者様の『法人化・労務整備・離職防止』についての御相談をお受けしています

私のLINE@では、さらに詳しく法人化や労務、美容室が適用できる助成金についての相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

友だち追加

※美容室経営者の方で法人設立をお考えの方は下記のチェックシートで簡単チェック!!

http://kazumihara.com/wp-content/uploads/2017/11/企業化適正シートpdf.pdf

☆下記の【小規模ヘアサロン研究所】にて執筆もさせていただいております☆ 

よろしければご覧ください!

 

(Visited 121 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加