ブログ

あなたのカット料金は、10分だといくらですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

私は10分換算すると10分1083円でカットをさせていただいていました

 

かろうじて、天下のキュー◯ーカットさんを上回っていました・・・

 

 

この10分1083円というワードだけ聞くと不思議とお得な気がしませんか??

 

美容室のカットタイム(入店してから退店まで)が平均して60分ですので、60分で6500円=カット6500円 になります

 

【時間単価】という観点で分解してフォーカスすると

例:10分1000円=60分6000円 ということになります

 

カットタイムにもよりますが、通常の美容室の料金体系ですとカットタイムがどれだけ長くかかろうとも追加料金はありません

 

時間がかかってもかからなくても定額料金です

 

大体の平均カットタイム(入店してから退店するまで)が60分だとすると、カット料金が6000円以下の設定だと10分1000円カットよりも【時間単価】で計算すると低いカット料金になります

 

しかもそこにアシスタントや水道代などが加わるので利益的にはさらに減ります

キュー◯ーさんの場合はマンツーマンで指名なし、シャンプーブローも無しというビジネスモデルなので初期投資以外は、ざっくりほぼ人件費のみで利益が残りやすい図式です

(非常によく考えられた仕組みです)

 

ここまで読んで見て、あなたのカット料金は10分単位でいくらですか?

 

 

10分1000円というキャッチーなコピー(言葉の力ってすごい!)で何だか【安売り】のイメージが先行しがちですが

分単位の【時間単価】で分解して照らし合わせてみると実は・・・

普通に営業してる美容室の方が結果として【安売り】になっているという面白い現実。

 

そう考えれば実際には10分1000円は、高いカット料金であって来店頻度や手軽さを考えると非常に秀逸な美容ビジネスですね

 

美容師として美容室経営者として非常に考えさせられる事例ですが、要は【どんな価値提供をするのか?】が明確になっているかどうか

 

今後は思考的に【時間単価】の感覚を美容室も持ち合わせていないと必ず採算が合わなくなっていくはずです

スポンサーリンク

今実際に施術しているメニューも【原価に対する料金】ではなく【時間単価】で再計算してみると以外に【安売り】になってる事があります

 

近隣の美容室の【相場】で値決めをするのでなく【時間単価】を意識してしっかり利益を残す値決めをしないとただのボランティアになってしまいます

仕事としてプロとして美容師をしているので、【自分の技術の価値】を把握しないといけません

把握しずに何となく仕事をしているので安易な値引きに走ってしまうのです

その値引きが近隣の相場を下げていき、値引き合戦の幕開けです

 

美容師はビジネス感覚が弱いので他の業種からするとカモにされやすいのでは??(最近は異業種さんの参入が増えてますし・・・)

 

美容師が髪切ってればいいだけの時代はもう終わりですね〜

 

 

☆美容室経営者様の『法人化・労務整備・離職防止』についての御相談をお受けしています

私のLINE@では、さらに詳しく法人化や労務、美容室が適用できる助成金についての相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

友だち追加

※美容室経営者の方で法人設立をお考えの方は下記のチェックシートで簡単チェック!!

http://kazumihara.com/wp-content/uploads/2017/11/企業化適正シートpdf.pdf

☆下記の【小規模ヘアサロン研究所】にて執筆もさせていただいております☆ 

よろしければご覧ください!

 

(Visited 259 times, 1 visits today)

スポンサーリンク