コラム

美容師の独立開業【物件の考え方】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

早いもので師走になっています

美容室は毎年8000店舗のペースで増加しています

一方で毎年約2000店舗が閉店しています

毎年約6000店舗の純増。

 

数字だけ見ると割と参入障壁が低いんですよね。正直、美容師免許さえ持っていれば誰でも開業できちゃいます(うまくいくいかないは、別にして)

 

後は出店費用さえ工面できれば本当に誰でもできます

↓ 融資に関してはこちらも参考に・・・

 

経験数何年以上とか実務経験とかの縛りが全くないので、免許さえあれば本当にできます

 

ただ・・・

 

手順として1番大切なのが【物件】です

 

こればっかりは免許と金を持ってしても、何ともなりません

スポンサーリンク

(金がめちゃめちゃあればビルごと建てるとゆー荒技もある 笑)

 

独立開業の手順において、経営の知識やマーティングの勉強とかする人がいますが、僕的には逆だと思っていて

物件が決まってから、その物件に合わせたコンセプト、経営の仕方、マーケティングです

 

自分の理想の経営ができる場所、自分の思うマーケティングのできる場所

 

そんなのは資金力のある大手さんに独占されてますよ

 

だから自分の決めた物件を生かすも殺すも経営者次第なんです

理想を追求してず〜〜っと物件決めれない人もいるくらい何ですが、決めた後の方が大事です。

 

物件が決まらないと融資も工事もオープン日も決まりません

 

つまり何も進みません

 

美容師で独立開業を考える人は、早めに物件を探しましょう。

そして不動産屋さんには何度も足を運んで仲良くなりましょう

仲良くない人に有力な情報や物件は回ってきません

 

物件って本当に大切です。自分の最初の城ですからね

 

 

☆美容室経営者様の『法人化・労務整備・離職防止』についての御相談をお受けしています

私のLINE@では、さらに詳しく法人化や労務、美容室が適用できる助成金についての相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

友だち追加

※美容室経営者の方で法人設立をお考えの方は下記のチェックシートで簡単チェック!!

http://kazumihara.com/wp-content/uploads/2017/11/企業化適正シートpdf.pdf

 

 

(Visited 155 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加