コラム

金払いが悪い人には単価の低い顧客しか定着しないんじゃない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

自分も心がけてるのですが・・・

広告費やサイトやDM類や材料費とかに関しては提示された金額を即座に支払う様にしています

基本的に割引をお願いしない

 

理由は単純明快で

自分の技術料金が安く買い叩かれたら嫌な気持ちになるから

 

美容院の技術料金は、サロンや人によって違う

だけど使っている材料はほとんど変わらない。なのに料金が違う

 スポンサーリンク

料金設定にはその人の人生観や経験が詰まっている

自分に自信があれば上げればよくて、自信がないなら下げればいいだけ

決めるのは自分。値段に見合う価値を提供するのも自分

 

相場でなく自ら値段設定をした人は、覚悟をもって値付けをしている

 

自分がそう思うからこそ値引き交渉やお願いは基本しない

その人にお願いしたのも自分だから

 

安くしてくれるから選んだのなら別だが、いい仕事をしてくれると思って頼んでいる

そんな人に割引をお願いするのは無礼な気がするから、しない。

 

常に値引き交渉や金払いが悪い人は、きっと周りにもそう言った人が多いのだろう

『俺の頼んだ時はもっと安かったよ』『言ったらもっと安くなるって』

まるで高いままやったらバカを見る、安くやってもらった方が偉い

スポンサーリンク

そんな価値観です

 

そんな価値観の人に価値の高い仕事や単価の高い仕事ができるのか?

もっと言ったら仕事の価値を値段でしか見てない人に仕事の価値がわかるのか?

 

金払いが良い方って人にも仕事にもリスペクトがある人が多いです

それは金があって余裕があるからでは?との声も上がりそうですが、値段交渉をしてる時間があればサッと支払って仕事を進めていって完了させた方が効率がいいんです。

割引しておいて『もうちょっとここ直せない?』とか言っても割引価格なら無理だし、そんなに時間かけれないですよ。割引いてんだから・・・

 

美容師は特に個人の価値観が単価に表れる職業です。

言ってる自分もまだまだ単価低いのでどんどんチャレンジしてます!

低い価値観だと自分も割引しないといけなくなりますのでご注意を

 

 

☆美容室経営者様の『法人化・労務整備・離職防止』についての御相談をお受けしています

私のLINE@では、さらに詳しく法人化や労務、美容室が適用できる助成金についての相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

友だち追加

※美容室経営者の方で法人設立をお考えの方は下記のチェックシートで簡単チェック!!

http://kazumihara.com/wp-content/uploads/2017/11/企業化適正シートpdf.pdf

 

 

(Visited 71 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加