コラム

美容室経営者とスタッフの関係性はギブ&テイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室オーナーの方に質問です。

未だ現役でバリバリサロンワークをしてらっしゃいますか?

何歳までにこんな状態になっていたい・・・ ハサミをいつかは置こうと考えている・・・

 

それはどうすれば? いつまでに何を行動すれば?

 

自分がハサミを置いて経営に専念できる状態をイメージしてください

 

売上、利益、店舗数、人材・・・・etc 思い当たることはたくさんあると思います。

 

経営者が経営に専念するには他のスタッフさんが現場で売上数字を作ってくれないといけません(売上が無ければ自分が現場に出ないといけません)

自分の代わりに売上数字をしっかり作ってくれるスタッフさんが1番重要です

僕個人としては完全にハサミを置くということはまだ考えていません。

来年2月以降からからはサロンワーク日数を減らしていきます

4月からは週3〜4のペースで美容師を続け、2019年からは週2〜3で美容師をするプランで動いています

今はそのために個人能力に依存しない仕組みやメニューを構築している段階です

 

実現するためにもスタッフさんが1番の重要なので、スタッフさんがノーストレスで働ける環境づくりは常に進化と変化を柔軟にできるようにしています

スポンサーリンク

美容師のイメージアップのためにも【企業化】を促進して一般企業のような条件で雇用しても利益が出るように取り組むのは避けられない時流にもなっています

美容師のイメージアップがない限り、美容師という業種が縮小していき、既存の美容師が働き続けるしかない状況になっていくはずです

既存の美容師が業種の発展や拡大に時間・知恵・教育を投資して行く事が自らの還元に繋がります

 

長く楽しく働いてもらえる様に美容室経営者は労働条件を整備し、スタッフは整備された労働条件で安心して長く働ける

 

がんがんチャレンジして誰よりも速く自社なりのカタチを構築して幸せになりたいっすね!!

つぶやきでした〜〜

 

☆美容室の『法人化・労務整備・離職防止』についての御相談をお受けしています

私のLINE@では、さらに詳しく法人化や労務、美容室が適用できる助成金についての相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

友だち追加

※美容室経営者の方で法人設立をお考えの方は下記のチェックシートで簡単チェック!!

http://kazumihara.com/wp-content/uploads/2017/11/企業化適正シートpdf.pdf

 

 

(Visited 80 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加