コラム

独立開業でお金を借りるならどっち?国金?銀行?【美容室経営】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はちなみに国金で借りました(日本金融政策公庫。通称 国金)

日本金融政策公庫ホームページ

 

僕の場合は銀行関係に人脈もなかったので、迷わず国金でした。

美容師で独立開業する場合で財務知識や人脈がない場合は、迷わず国金でいいのかなと思います

 

何と言っても公的機関ですので相談なども手数料取られる心配もないので、全くゼロスタートの場合はいいですね

 

認定支援機関などを通じて事業計などをしっかり立てれば1500万〜2000万の融資を受けることも不可能ではないですし、何より金利が低いのが安心です

 スポンサーリンク

銀行などの金融機関の場合は、よっぽど自己資金を持ってない限り初めての融資は担保や保証人や信用保証協会の保証料などが発生してしまいます(信用がないので当たり前ですが・・・)

 

返済期間も銀行より国金の方が長〜く設定してくれる傾向にあるようです。(これめちゃ大事!)

 

もっと貸してくれよ〜ってなるんですが、国金や銀行も得体の知れない美容師に何千万も貸すって、かなりリスキーな訳ですよ(よっぽど顔の売れてる人ならまだしも)

 

初めての融資は国金。

その際に銀行で通帳を作成しますのでそこから銀行と取引が密になって行きます。(スタッフの給与振込口座や税金納付を全て同一銀行で取引するなど)

 

いわゆるメインバンクのお付き合いになって行きます

そうして関係性を築いていくと、2店舗目の出店などはメインバンクさんでも低い金利や担保無しで融資が受けれるようになるわけです

 

銀行との関係作りは経営者が1番しなくてはいけません

 

なので・・・

スポンサーリンク

 

こういった集まりに初めは積極的に参加して顔を覚えてもらうのがいいと思いますよ。

銀行は転勤があります(2〜3年くらい)

なのでどんなに担当者や支店と関係作りをしても、担当者が転勤してしまえばまたゼロからの関係値になってしまいます(悲しいですが・・・)

 

なのでこういった会で、自分のメインの支店だけでなく、別の支店の方にも顔を覚えてもらうと後々有利かと。

 

とはいっても美容師はこの集まりの中では結構浮いた存在です。

たとえ居心地が悪くても経営者として、お金をどんどん融資してもらえる状態や存在になるのも重要な経営者の役目です。

 

事業をどんどん発展・成長させてスタッフやお客様、社会に還元しましょう

 

そのためにも絶対的にお金は必要ですからね

 

僕みたいな美容師でも国金さんや銀行さんのおかげで独立開業できてますし、うまく使い分けてお付き合いしていくのが、堅実な経営につながるはずですっ!!

 

(Visited 458 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加