コラム

あなたのサロンの採用基準・求人のペルソナは設定済みですか?【美容室経営】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘアサロンにとって”合っていない人”が働いているという事は、非常に罪な事です

同時に”合っていないサロン”で働き続ける事も、無駄な時間を過ごしています

 

なぜこの”合っていない”といった現象が起きてしまうのでしょうか?

考えられる要因としては

・既存のスタッフが辞めるからとりあえず補填として採用する

・面接で良い子そうだったから採用する

・見た目が良いから採用する

くらいでしょうか。

どれも問題はないのですが、もしそのサロンに明確な採用基準がない、もしくは面接担当者の直感に頼った採用

だと【合っていない】現象が起こりやすくなります。

 

集客に関して言えばペルソナ(サロンのターゲット客)を設定しているサロンも多いですが、求人に関してはどうでしょうか?

 

求人のペルソナ(どんな人材が欲しいのか)を明確にしてそれに合わせた告知方法を選択しなければ、欲しい人材は集まりません

そして、そもそもですが、『働く人にとってそのサロンはどう良いのか?』が、定まっていなければいけません

そのサロンの強みを元にして明確な採用基準を設定するのが望ましいですね。

強みと採用基準が明確に設定されていれば、”合っている人”も集まりやすく、探す側も”合っているサロン”を見つけやすいはずです。

逆に決まっていないと【合っていない人材】が面接に来てしまいます。この面接する時間も無駄でしかありません

こう考えてみると求人と集客はよく似ていますね

あなたのサロンの強みと採用基準。

スポンサーリンク

ぜひ考えてみてください

採用基準を設定する際は、この本を読むとかなり参考になるのでオススメですよ。

 

 

☆美容室経営者様の『法人化・労務整備・離職防止』についての御相談をお受けしています

私のLINE@では、さらに詳しく法人化や労務、美容室が適用できる助成金についての相談を受け付けています。

お気軽にご相談下さい。

友だち追加

※美容室経営者の方で法人設立をお考えの方は下記のチェックシートで簡単チェック!!

http://kazumihara.com/wp-content/uploads/2017/11/企業化適正シートpdf.pdf

☆下記の【小規模ヘアサロン研究所】にて執筆もさせていただいております☆ 

よろしければご覧ください!

 

(Visited 90 times, 1 visits today)

スポンサーリンク