コラム

今の美容の在り方は古いのか?最新か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく考えていることがあって、少し記事にしてみます。

 

今の美容師さんの働き方や在り方ってすごく古風だなと・・・

 

 

何が古風かと言うと

 

実際どうしようもないと思うんですけど・・・

 

 

これだけネットが発達して外に出なくても困らない世界の中で、サロンに行かないと髪が切れない、染めれない、パーマできないっていう不変のビジネススタイル。

 

実際どうしようもないのは間違いなくて、どんなにネットが発達してもネットでカットはできないし、カラーはできない。

 

それにAI(人口知能)が発達しても人間と同じように似合わせるのは難しそうだし、そこに需要はまだなさそう

 

どうしようもないんだけど、サロンに美容師がいて、そこにお客様が足を運ばないと成り立たない。

 

ま、そんな非効率な所がまた良かったりするんですが・・・

 

 

昔を思えば、予約も会計もヘアカタログもデジタル化されて、サロンもかなり効率的になりましたよね。

(むしろ最近はデジタル化するメリットを逆に感じてなくて、キーボードで打つか、ペンで書くかの違いでしかないから作業自体は変わっていないな〜と思ったり・・・)

 

これ以上デジタルで簡素化、効率化できるのはどこなんでしょうか。

 

結局手書きかPC打ち

手間自体は変わらんのですが、カルテの収納場所とかなんですかね。

まぁ確かにペーパーレスにはなってますが、データ吹っ飛んだら終わりっす

Amazonや楽天で全国、世界中で同じようなサービスが受けられるのに・・・

 

不変のビジネスモデルと言えばカッコイイのですが、ビジネスとしての発展性が低いのも事実ですね。
 

そう考えるとやっぱり古いんでしょうね〜

 

見る角度が変わると良い部分、悪い部分もかわってしまう。

スポンサーリンク

 

時代が変わると角度が変わるので、しっかり対応することが大事ですね

 

常にアンテナビンビンで行きましょう

 

 

 

【人も利益も残すホワイト経営術】を実現するチェックシートを無料配布中!!

私のLINE@では、個人事業主から法人化への検討されてる方、利益を確保したい方、スタッフの離職率を下げたい方、助成金について詳しく知りたい方、求人が集まらなくてお悩みの方を対象に無料相談を受け付けております。

また、LINE@登録で【人も利益も残るホワイト経営】チェックシートを無料配付いたしております。

ライン@登録はこちら

友だち追加

 

 

☆下記の【小規模ヘアサロン研究所】にて執筆もさせていただいております☆ 

よろしければご覧ください!

 

(Visited 124 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA