コラム

【!!危険!!】枕営業的な美容師になってないかぃ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《注意!!!》スーパー個人的な意見なので、僕を知ってる人しか共感しないブログです

 

美容師の仕事って割と趣味っぽくなりやすい気がしています

 

公私混同というか、仕事っていう固さが見えにくい職業でもあり、お客様に気に入られないといけないとゆー悪く言うとキャバ嬢的な営業要素も見え隠れしそうな職業です 笑

 

スポンサーリンク

 

一応サロンという組織で活動はしているのですが、実質は各スタイリスト(カットできる人)の決裁権が大きく

施術のやり方や理論の考え方なども各スタイリストによって全く異なる事もしばしば・・・

 

その中で今回は、美容師の値段設定について個人的な見を(すごく個人的ですので興味ない人は読まないでくださいね、さようなら。)

 

料金設定というのは、各サロンでバラバラなのは当然です。

 

ですがカットできるようになって3年経っても5年経っても、10年経っても料金が変わらないのはどうかと思ってます。

 

これはカット料金に限らず、カラーやパーマ料金も同様です。

 

僕としては毎年100円ずつでも値上げをするべきだと思います。

 

なぜなら・・

 

・経験値を積む事でデータが蓄積され、質が高まる(要望に対しての失敗がなくなり、成功率が高まる)

 

・単純に技術レベルが毎日高まる(美容師は本当に勤勉な方が多く、全く勉強していない美容師さんの方が少ない)

 

・付き合いの長い顧客様に対しては技術以外にも、豊富な美容知識をもとに、お客様に合わせたパーソナルなヘアスタイルとスキンケアやヘアケアを幅広く提案できる)

 

・技術・知識を習得するのに時間とそれ相応の金額を投資している

 

 

からです。

 

 

真摯に美容師をやっていれば、同じお客様を担当し続けた場合 かなり質が高まる事になります。

 

そこにかけた時間やお金は、自分の価値です。

 

一生懸命技術を磨き、知識を学び それでも料金が同一の美容師さんは、自分を低く見積もってると思います(個人的な見解です)

スポンサーリンク

 

無理やりやらされた勉強会では、なかなか自分の価値を高める発想にはなりにくいのかもしれません

 

身銭を切って、明確に何を高める、何を学ぶと考えてる場合は、勉強=価値になるようです

あとは、やっぱり自信がないとか、値段を上げるのがお客様に言いづらい、値段を上げたら来てくれなくなるんじゃないか 

 

多方面からよく聞きます

 

そしてちょっとしか切ってないから、ポイントカットで値引きするとか、来店サイクルが短いから値引きするのも、よく聞きます。

ちょっと言葉は、きついですが

 

値引きしないと嫌われるとか、不安になってることの方がおかしいのでは???

 

気に入られる為に値引きやサービスしてたら、枕営業みたいやないか??

 

むしろお客様を見くびっとるやないか!

 

と、思っちゃいます・・・(個人的な見解です。ご了承ください)

 

美容師は、何年と修行して身につけた技術や知識は毎年進化させて、顧客満足度を高める(美容師の責任であり、モットーです)

そして相応の対価をいただく

 

進化・成長し質が高まれば、値段が上がるもの至極当然のこと

 

そこに店とか周りは関係ない、自分が何に投資(練習やセミナー)して価値を高め、何で回収するかだけ

 

毎年100円上げても10年で1000円しか上がらないんですよ。

 

いきなり1000円上げるより、毎年100円上げる方が美容師側も練習や勉強に意味や責任も出るんじゃないかな〜〜(値上げするのに去年と変わらんかったら、かっこ悪いしね)

 

少々口が過ぎましたがあくまで個人的な見解ですので・・・

あしからず

御予約はもちろんのこと、髪のお悩みなどLINE@にてご相談も365日24時間受け付けておりますので遠慮なくご連絡ください。お待ちしております(^ ^)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加

 

 

☆その他何でもお気軽にお問い合わせくださいませ!!

 

mail:hara@dish-up-inc.com

facebook: Kazumi Hara

Instagram: kazumi_dishup

 

 

(Visited 4,317 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA