コラム

美容師は髪のプロではないと痛感した話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋市東区葵の髪のリノベーションサロン『Lsurii(ルスリー)』代表の原です。

  ※リノベーション・・・英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。

 

私達Lsuriiは、お客様の髪にリノベーションを施し、修復改善をし、美しく綺麗な髪に仕上げるサロンです。

 

 

 

最近痛感した現実…

 

髪のリノベーションを進めて行くにあたり、スタッフみんなで髪の毛を今一度勉強し直しています。

 

まさに1からやり直しています。

 

自分自身も美容師を14年やっていますが、まだまだ知らない事やへぇ〜〜と感心する事が本当に多くて、髪の毛の奥深さを感じていい刺激になっています。

 

 

 

昔から美容師は『髪のプロ』と言われたり、名乗ってますが

スポンサーリンク

最近髪の毛を勉強して思うのは『髪のプロ』でなくて『ヘアデザインのプロ』、『ヘアスタイルのプロ』が正しいのかな…と、思います。

 

 

毛髪知識や毛髪診断は、美容師以上にメーカーの研究者さん達が臨床や試験を繰り返している『真の髪のプロ』です。

 

14年髪に携わってはいるけど、髪そのものはまだまだ勉強不足です

 

 

ヘアスタイルやデザインは作れても本質的な髪が美しくならないと綺麗なスタイル、デザインとは言えない。

 

本質的に髪の毛を美しくするには、もっと髪を知り、研究しなければなりません。

 

 

 

 

本当の意味での『髪のプロ』になるべくLsuriiは今一度髪を勉強しています。

 

リノベーションプログラムで髪を修復し美髪になる  

 

そうしてお客様の感動される顔をたくさん見たいですね。

 

 

 

(Visited 170 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA