ヘアカラー

知ってますか?市販のカラーとサロンカラーの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Lsuriiを利用されているお客様も、わからない方がほとんどだと思いますので、ぜひ読んでもらいたいです。



自分自身もカラー比率の高い美容師なのでカラーリングをされるお客様がありがたい事に多いです。

 

なのでこの手の質問もたまに聞かれます。

 

 

ドラックストアなどで売っている市販のカラーリング剤

 

そして美容院で使うカラーリング剤

 

 

 

一体何がどう違うのか?




実際よくわかってない美容師さんもいるのでは⁈

 

 


なので簡単にわかりやすく解説させていただきますね( ^ω^ )

 




まず市販のカラー剤と美容院のカラーの剤の違いは、毛髪を脱色するブリーチ力です

 

 

ヘアカラーの色が染まっていく仕組みは、どんなカラーリングでも、黒髪からカラーリングする場合は、必ず脱色(ブリーチ)しています。

 

 

そのブリーチする力に違いがあるんです。

 

 

簡単に説明させていただくと


市販のカラー剤は、誰が染めても染まる事が製品上大切です。

 

とにかく染まる、色が変わる

 

それが大切です。

 

 

 

そのためブリーチ力が高く設定されています。

ブリーチ力が高ければどんな太い髪質の人でも色が変わりやすいからです。

 

髪質やダメージは気にせず、とにかく染まる事、色が変わる事に重きを置いています

 

 



対してサロンカラーは、ブリーチ力を髪質、色味、ダメージによって調整し、必要最小限のブリーチでカラーリングしていきます。

 

 


市販カラー剤がいいとか悪いわけではなく、重きを置いているポイントが違うわけです。

 

 

誰がやっても染まる様に開発されている

 

 

美容師がやってそのお客様によって調合できる様に、開発されている

 

の違いです。

 

 

 

しかしながら




ブリーチ力が高い=誰でも染まる

ブリーチ力が高い=ダメージ大

 



何度もいいますが、市販では誰でも簡単に染まるの事がやはり重要です

スポンサーリンク

 

 

そうすると必然とブリーチ力はどうしても高くなってしまいます。

 


対してサロンのカラー剤は、髪質、色味、ダメージを考慮して薬剤を調整します。

 

そのため色持ちなどもある程度、薬剤設定、塗り方、染め方どコントロールもできます。

 




市販のカラー剤は、TVCMなどで誇張されてる部分があり、イメージは良いのですが…

 

 

実際CM起用されている女優さんは100%に近い確率で市販カラーはしていないでしょう(いたら、びっくりします。)

 

 


そしてサロンのカラー剤以前に、お客様にカラーリングをするという技術は誰でも塗れるものではありません。

 

理論勉強、塗布練習をしテストに合格しないと入客できない選ばれし技術です。

 

初めてカラーリングをお客様にした時は、練習の日々、勉強の日々が込み上げて

 

感慨深かったのを覚えています 笑

 

 

 

 

どうしてもサロンに来れない…

ただどうしても、カラーリングがしたい、染めなきゃいけない…

 

 

そんな緊急を要する場合は、市販のカラー剤でも仕方がないとは思います 。

 



ただ覚えておいて欲しいのは、市販のカラー剤は、ブリーチ力設定が高めなので暗くしようが明るくしようが髪はどんどんダメージしていきますのが真実です。

 

使えば使うほど髪は、ダメージします。

 

 

 

 

Lsuriiのお客様には、市販で染めるのは全くおすすめしていません

(こんだけ書いていて当たり前ですが……)



知っていて使ってるのと、知らないで使ってるのとは大きな違いです。

 

 

 

ただこれだけは言わせていただきたい…

 

絶対に美容院でカラーリングする方がいいに決まってます!

 

 

 

当然、値段も安いものでもなく

 

美容院に来る手間も時間もかかります。

 

 

ただやはりお客様の事、髪の事を思うと、美容院で美容師にお任せください。

 

 

あわよくばLsuriiに… 笑

 

 

よろしくお願いします( ^ω^ )




日々の生活に盛り付けを

dish-up

(Visited 516 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA